LIFE-Pace

自身の経験を糧にした、生活力(消費力)向上ブログです。 お金、家、ガジェット関連の記事を主にしています。

ガジェット

TVに繋いで動画が楽しめるFire TV Stickのコスパが最高

Amazonから発売されているFire TV Stick。TVに繋いでAmazonプライムビデオ、hulu等の有料会員ビデオコンテンツ、YouTubeも大画面で楽しめます。

☆ 特徴


価格 ・・・ 4980円(税込)
再生 ・・・ フルHD1080pまで
接続 ・・・ WiFi接続のみ

4Kには対応していないので、4K再生は上位モデルであるFire TV(Stickでない方)を選ぶ必要があります。ただ、このStickは2017年4月に新型となっており、性能向上、11ac対応、リモコン同梱で上記のお値段。

Fire TVと遜色ない性能となっており、「バーゲンプライス」のレベルで安い。4KTVに繋いでもフルHD1080pで全然綺麗と感じます。4Kに拘りがなければ必要十分と思います。

欠点としてFire TV Stick側ではボリューム調整ができず、基本的に音が大きめなのでここ改善されるといいですね。

☆ 設定方法


 TVのHDMIポートに本体を繋ぐ。
◆)楝里貌浦のUSB(電源)ケーブルを繋ぐ。
〜TVの入力切替〜
 wifi接続設定を行う。
ぁAmazonアカウントでログインする。

☆ 魅力的な動画の数々

IMG_0331
























AmazonプライムビデオはAmazonプライム(年間税込3900円)加入で見放題です。
月額に換算すると「 3900円 / 12ヶ月 = 325円 」ですね。

僕はトップギア(グランドツアー)が観たくて加入しました。
30日無料体験があるので、まずはこちらでどのような番組が観れるかお試しすると良いです。
「続けてもいいかな」と思う場合、そのまま継続すると月額400円コースでの契約となってしまいます。使い続ける気があるなら期限前にキャンセルして、900円程お得な年額コースへ加入し直すのがオススメです。

Amazonプライムはプライムビデオだけではなく、プライムミュージック(100万曲以上聴く放題)、フォトストレージ(容量無制限のクラウド画像保存領域)、お急ぎ便・指定配達無料、プライム専用セール品、Kindleタブレット4000円引き等、Amazonのサービスを使い倒せる内容となっています。

☆ YouTubeを見るには

YouTubeアプリが標準で入っています。ただ、一つ難点があり、動画検索をリモコン操作で行うと入力に時間がかかってしまうため、ストレスが凄いです。
でも、スマホとYouTubeアプリで連携すれば問題ありません。

「連携方法」
前提としてFire TV Stickを接続している同wifi環境にスマホが接続されていること。スマホがLTE接続になっている場合はダメです。

 .▲ウント → 設定 → テレビで見る ※Fire TV Stick横の「リンク」を押してリンクさせる。
◆〆得犬靴燭て芦茲鯀び、動画上タップで出現する「テレビ出力アイコン」(右から2番目の四角と電波のアイコン)を選択し、再生を選ぶ。

これで簡単にTVで動画を再生でき、一度動画が再生されれば、スマホの画面が消灯しても再生は継続されます。必要な時のみの操作で視聴に支障はありません。

☆ まとめ

実際に使ってみると驚きしかありません。確実に家にいる時間が増えるでしょう。ストリーミング再生のため安定した回線速度は必要ですが、これだけの体験ができることに感動しました。

これはもう手放せませんね!

wenawrist × zenith

結論、できます 

とは言うものの、
ラグ幅が合うもの(18mm、20mm、22mm)で取付箇所が特殊でないことが条件です。

販売店での事前装着は不可能なので

1. 身を削る
2. お金を削る

とにかく削るしかありません。

意を決して手持ちの「ZENITH  シノプシス」へ装着した結果をお伝えします。

20293125_902220023260168_7493442640963054038_n



















シノプシスはラグ幅20mmのため、別売りエンドピース20mmが必要です。

エンドピースを動かすとケースが少し干渉し、下方向へ垂直まではなりません。
個人的には使用に問題無いレベルと思いますが、傷は避けたいなどがある場合は注意してください。

7月11日にバンドの単品販売も始まり、お気に入りの時計をスマートウォッチ化できる。

これは革命的ですよ。
プロフィール
EUROBEAT好きの車好き。カメラや時計もかじっている。何かと多趣味。愛車「アクセラ(BM5FS)」。カメラ「X-T20」。blogで経験を発信したい。
カテゴリ
楽天市場
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ